指物は、クワ、ケヤキ、キリ、スギなどの天然素材の木目が美しく見えるように、木の接合部の加工だけで板を組み合わせて作られた和家具などです。何十年も大切に使われ続ける事で、味わいや深い渋みを帯びて育っていく特別な伝統工芸品です。将軍家、大名家などの武家用、徳川中期以降台頭してきた商人用、そして江戸歌舞伎役者用(梨園指物)として多く作られ、今日に至っています。材の厚みは極力薄く、最低限の金具しか使用しない、過度な装飾を排除した意匠デザインは、流行に左右されない価値を生み、ライフスタイルが多様化した現代でも注目されています。