江戸切子は、ガラスの表面に金属製の円盤や砥石などを使って、さまざまな模様を切り出すガラスの伝統工芸品です。菊や麻の葉などの植物の形や江戸の生活用具を図案化した柄を巧みに組み合わせて緻密な模様を作り出します。江戸切子には、透明なガラスの表面にカットを施した「透き(すき)」と透明ガラスに色ガラスの膜を被せてカットを施した「色被せ(いろきせ)」と呼ばれる製品があります。カットグラスに使われるガラス素材の研究はもとより、クリスタルガラスの研磨の技術開発により、江戸切子の品質はさらに向上していきます。