江戸木彫刻は、大工の技をルーツに持ち、社殿や寺院などの柱・欄間などの建築用の装飾から 祭事で使用される神輿の装飾などで技術を磨いてきました。豊かな表現力と緻密な彫り、洗練されたデザインが特徴で、世界遺産の日光東照宮陽明門は、その代表格になります。職人は、道具のノミを多彩に使い分けて、材料であるケヤキ、ヒノキ、サクラ、クスノキ、キリなどをノミの切り口によって木材本来の輝きを導きだします。そのために絵や書はもちろんのこと、茶道、華道に至るまで、幅広い知識を身につけることが求められます。江戸木彫刻は、時代のニーズによりさまざまな形に展開しています。