貴金属 金工は、金属を素材として、その特性である熔解性や伸展性を利用して成形し、細工を施す美術工芸です。金、銀、銅、プラチナなどを素材として、古くは古墳時代の装身具など、それぞれの時代ごとに多彩な道具を作り出してきました。ここ深川では、花街・辰巳芸者たちの美意識にかなった装飾品「かんざし」「帯留め」などを制作のルーツとして、さまざまな技法を継承してきました。世界に一つしかない、煌めくジュエリーの数々をご覧ください。